注文住宅の購入費用はどのくらい?

シンプルなデザインの注文住宅は安く購入できる場合も

注文住宅の購入費用は、工法や建材、敷地面積などに大きく影響されますが、できるだけ建物のデザインをシンプルにすることで、トータルの費用を安く抑えることも可能です。例えば、ハウスメーカーの規格内の注文住宅であれば、地域によって差はあるものの、二千万円から三千万円程度で契約を結べることもあります。そこで、評判の良いハウスメーカーの施工事例や料金体系などに注目をしながら、余裕をもって契約先を決めることがおすすめです。また、シンプルなデザインの注文住宅にオリジナリティを加えたい場合には、やや費用が高くなります。ですが、室内のインテリアの種類にこだわったり、キッチンやバスルームなどの設備を充実させたりするのも良いでしょう。

予算に余裕があれば工務店でデザインにこだわるのもオススメ

注文住宅の施工から販売までを手掛けている工務店の中には、ハウスメーカーでは対応できない素材やデザインなどの希望を聞いてもらえるところもあります。特に、バリアフリーや省エネ、耐震などにこだわって家造りをしたい場合には、おおよその費用についてメールなどですぐに見積もりを教えてくれる工務店を探すことがおすすめです。また、工務店に依頼をして注文住宅の外装や内装、設備などにこだわる場合には、ハウスメーカーと比べて数百万円ほど費用が高くなる傾向があります。なお、注文住宅に長く住み続けるためには、住宅の購入費用だけでなく、将来的なリフォームやメンテナンスのための費用も考慮しながら契約先を決めることが肝心です。