設計事務所の注文住宅

設計事務所に任せると、自分でやることが増えます

テレビでよく見る有名建築家に注文すると、周りが羨む家を建てられます。ただ、設計事務所に依頼して注文住宅を建てるときは注意が必要です。住宅メーカーなら営業から設計・工事まで一貫したシステムになっていて、契約をすると後はお任せです。しかし、設計事務所では役所の申請と設計業務は行ってくれますが、その他、ローンの申し込みや施工業者の手配は注文者が行います。どの金融機関なら審査に受かるかを調べないといけません。また、施工業者も複数の業者から見積もりを取っての検討が必要です。素人が全てを行えば、時間がかかりチェックも厳しくなります。工期が差し迫っていたら、会社を休んでの対応もあるでしょう。そのため、こだわりを持っている人や特殊な工法が必要な場合を除いて、一般の人は住宅メーカーに任せています。

設計事務所の注文住宅は独創的

設計事務所で注文住宅を建てると、他の家では見られない独創的な家を建てることができます。設計が専門なので、あらゆるテクニックを使って見事に図面化してくれるからです。一方、ハウスメーカーでは営業とのやり取りになりますが、どうしても専門的なことに関しては対応できないことがあります。難しい注文をすると、自社では不可能ですとの回答が多いようです。他に抱えている物件もあるため、そのような対応をしがちです。しかし、設計事務所であれば時間は掛かるかもしれませんが、どうにかしてくれる場合が少なくありません。特に3階建てなどは、空間を有効活用して狭さを感じさせない設計もできます。ただし、有名な設計事務所に依頼する時は、家に関して勉強をしていないと想いが十分に伝わられない上、金額面でも高単価です。