工務店の注文住宅

土地の確認が重要です

注文住宅はゼロから建物を建築していきますので土地が必要ですが、工務店に頼む場合は土地の条件に制約があるため注意が必要です。場合によっては、住宅を建てることができる土地が決まっており、工務店が保有している土地から選ぶしかないことがあります。特に、団地に建てたい場合はこの制約がかかわってきます。どうしても希望する土地がある場合は手続きに期間を要したり、追加費用がかかったりするのです。工務店の業者によって取り扱う土地が異なりますので確認や比較検討することが重要です。まずは、立地条件が自分たちの希望に合っているかの確認が先決です。広さも限られていますので、庭など周辺スペースの構想も持っておくことが必要になります。

工務店特有の技術から選ぶことが重要

工務店によってベースの住宅技術やデザインが異なります。自分のイメージを100%形にしてくれるかどうかは工務店の選び方が左右します。例えば、構造が鉄筋コンクリートや木造であったり、デザインがモダンや近代的だったりなどがあります。また、機能については煙突を備えた暖炉を持つ構造やロフトや吹き抜け構造などです。工務店を選ぶには住宅相談会などのイベントに参加して、自分たちの構想と合っているかどうかを確認していきます。他にも、ホームページ見たり、資料を取り寄せたりする方法もあります。デザインや実績を掲載していますので、ある程度絞り込むこともできますよ。さらに、口コミなどで満足度を確認することもポイントで、なおかつ、見積書で費用の比較検討も必要です。